无标题文档
現在位置: ホーム > 投資動態
「莞榕計画」は新しいチームがあり、台湾の保健食品の巨頭が契約して松山湖に進駐した
フォントサイズ: 素晴らしいです小さな 発売日:2017-12-06 [このページを印刷]    [クローズ]

先日、(台湾)ブドウ王生技株式有限会社と東莞市生物技術産業発展有限会社は契約して「莞榕計画」に入選され、この保健食品の巨頭は正式に松山湖両岸生物技術産業合作基地に定住した。ブドウ王会社の定住に従って、「莞榕計画」はまた新しいチームを増やした。

「莞榕計画」は優良品質の台湾生技企業が東莞に定住することを目指して、スタート後3年内に20社の台湾の一定実力があって、すでにIPO段階に入った熟している生技企業を導入して、駐在して迅速にすぐ産業化を実現することができる。

今年、「莞榕計画」は企業の契約数量が絶えず増加した。9月末、台湾朝日光生技株式有限会社は契約して定住して、今のところ、ブドウ王会社はまたみごとに定住して、台湾生技企業が東莞におけるチームが再度拡大した。これで、台湾晋弘、亜諾法、金穎、双美、穆拉德加捷、普生、京華堂、晨暉、ブドウ王などのいくつかの台湾優良品質の生技企業はすでに松山湖に定住した。

東莞市生物技術産業発展有限会社の理事長である宋涛の紹介によると、「莞榕計画」は東莞市の企業誘致・資金導入の重要な革新政策であり、生技企業が東莞での発展を支持する。現在のところ「莞榕計画」はすでに台湾生技企業の高い認可を得て、企業の意図定住はとても高くて、大量の優良品質企業は並んでいて審査を受けて、近頃続々と契約する。

 

出所時間網


无标题文档