无标题文档
現在位置: ホーム > 投資動態
松山湖片区は初めて集中的に深センに登場してプロモーションを行う
フォントサイズ: 素晴らしいです小さな 発売日:2017-12-18 [このページを印刷]    [クローズ]

 松山湖片区は深センでプロモーションを開催した。上図は重点プロジェクトの調印式である。

 

 企業の関連する責任者と業界協会の担当者は賓客にたいして松山湖片区の投資環境をプロモーションしている。

 

現場ではプロジェクトの29個を契約して、投資総額は250億元を上回った

先日、東莞松山湖片区2017深センプロモーションは深セン会議・展示センターで行われた。これは松山湖片区が初めて集中的に登場し、深センと国内外の創業企業、チームと人材に向かって、松山湖板区の園区統括発展の最新成果を展示した。プロモーションの現場で、プロジェクトを29個契約して、合計額は250億元を上回った。市委員会常務委員、松山湖ハイテク産業開発区の党工作委員会書記である黄少文はイベントに参加した。

黄少文はプロモーションで、東莞松山湖片区2017深センプロモーションは、片区が更に深センとマッチングし、松山湖片区を推薦・紹介する具体的な行動であり、松山湖片区の改革開放を加速する重要な措置である。松山湖片区は革新、創業、創造の戦略的高地であり、高速、高効率、高品質的な交通要地であり、生活、就業、旅行の肥沃な土地であり、商業を重んじで、商人を豊かにさせ、商人を安定させる投資の恵まれたところである。現在更には今後において、松山湖片区の大開発、大建設、大発展の黄金時期であり、その時貴重な投資チャンスがあり、今こそ松山湖片区で投資する時期である。松山湖片区は全力で投資に来た商人に対して最も優良品質、最も高効率のサービスを提供して、最優秀投資環境を創建して、各業界と共に発展を図り、協力して共に勝つ目標を実現すると語っていた。

 

4つの優位によって松山湖片区のコア競争力を構築する

松山湖片区は東莞中部に位置していて、松山湖ハイテク区、石竜、石排、茶山、寮歩、大朗、大嶺山などの6つの鎮を含め、総面積は463平方キロメートルで、居住人口は157万人である。松山湖片区の発展位置付けは広東省国家科学技術産業イノベーションセンターの前衛地区、東莞産業都市人文高品質融合発展模範地区、東莞経済発展の重要な増加点である。

松山湖片区は4つの競争力を持っている。科学技術産業の優位。広深港科学技術革新回廊の10つのコア革新プラットフォームの一つとして、松山湖は国家級ハイテク産業開発区であり、珠江デルタ国家自主革新模範地区のコア地区であり、わりに高い改革革新発展の権限を享有して、同時に国家、省市と園区などの多数段階の優遇政策を享受することができる。松山湖の特殊な政策に頼り、松山湖片区は最も創業に適合する創造の「政策低地」になっている。

現在のところ、片区では大量の革新資源が集まり、ハイテク企業495社、新型研究開発機関25社、科学技術インキュベーター双創スペース61社、育成中企業1018社、登記資本が億元以上の企業310社を持っている。片区は電子情報製造、紡織服装アクセサリ、電気機械装置、食品飲物加工、おもちゃ文体用品、知能住まい製造を代表とする6つの優越産業があり、強大な加工製造能力、そろっている産業部類を持っている。松山湖の産業流出効果が絶えず強化することに従って、新世代の情報技術産業、知能製造装備産業、生物産業、新エネルギー産業および現代サービス業などの主導産業体系は片区で力強い発展の勢いを形成している。

交通位置の優位。松山湖片区は広東・香港・マカオ大湾区のコア位置に位置して、同時に広深科学技術革新回廊の重要な関節であり、広州空港、深セン空港まで皆1時間以内である。広深高速、広深沿江高速、東莞深セン高速、広深鉄道などの4つの大動脈で構築された都市高速交通ネットワークにより、松山湖片区と深セン湾革新本部基地、広州科学城などの肝心な場所と継目なしに連結して、革新要素の自由流動のために高効率、便利な支えを提供している。区内における東莞駅は、広深鉄道が東莞における機能が最も整っている、客車対数が最も多い、旅客の発送量が最大の交通中枢である。広東(石竜)鉄道国際物流基地「粤新欧」「粤満俄」ラインの安定運転は、中国と中央アジア、中央ユーロッパの間で往復している貿易製品のために高価格性能比の物流輸送通路を提供して、広東・香港・マカオ大湾区が「一帯一路」沿線国家との協力、世界に繋ぐ重要な通路になっている。中虎竜城際、東莞深センライトレール、市内ライトレールなどの数本の軌道線が貫いて過ぎて、路面電車も建設中で、片区発展のために高スピード、高効率の通勤保障を提供している。

関連する環境の優位。松山湖片区の生態環境が優美で、13.2平方キロメートルの湖、13.4平方キロメートルの湿原、17平方キロメートルの原生緑地、300キロメートルの緑道を持っていて、片区の緑化率は60%を上回って、特に湖周囲地区のマイナス酸素イオンの含有量は世界保健機関の定めた「空気清新」標準の10倍で、松山湖ハイテク区自身も国家4A級観光地である。区内の文化基盤が深くて、南社古村、牛過古村、塘尾古村と生態園湿原から構成された地区で、松山湖片区の旅行文化創意産業のコアノードを建設する。片区は重点的に人材の住環境改善プロジェクトを実施して、政策性住宅28000セット以上を築いて、商業ショッピング場所は27万㎡を上回って、医療衛生体系はより健全で、教育品質は絶えず向上させている。優美な生態環境と深い文化基盤、大量の高レベル人材が松山湖片区へ旅行して、定住して、創業するように引きつけた。現在のところ、片区はすでに導入した「千人計画」専門家の33名、全市の84.6%を占めていて、市将才46名、全市の83.6%を占めていて、省将才7名、全市の100%を占めていて、市特色人材127名、全市の59.3%を占めている。

政務サービス優位。企業は財産を創造して、政府は環境を創造する。松山湖片区はずっと高効率、透明な政府サービスに力を尽くして、法治国際化の経営環境を創建して、市場規則と国際慣習に合致する経済運営構造と市場管理監督体系を創立して、企業が安定的に健康発展のために「鎮静剤」を提供した。特に今年に入ってから、松山湖片区は積極的に革新政府モデルにサービスを創建して、「一扉式一網式」市民センター、ワンストップ投資創業サービスプラットフォーム都市応接ホール、松山湖板区直属支局などの措置により、行政審査効率はあまねく高まり、区内の各行政審査事項の処理解決時間は平均的に23日短縮した。積極的に企業人材の住宅、子女入学、プロジェクトの審査許可、通関申告などの各類問題を解決して、全力で投資家のために高い水準のサービスを提供している。周辺の都市と比べて、片区は地価、借り賃、給料がより低く、その上関連コスト、物流コスト、行政コスト、生活コストなどで総合優位を持っている。

 

各領域の名人は松山湖片区の投資環境を褒めたたえる

プロモーションにおいて、東莞投資企業の代表者、産業協力キャリヤー、業界協会の代表者、金融機関の代表社はそれぞれに登場してテーマ講演を発表し、自身の経験を結び付けて、賓客に対して松山湖片区での発展状況を紹介した。

「今回のプロモーションは東莞松山湖片区が組団して発展する戦略発表会であり、松山湖片区の積極的に広東・香港・マカオ大湾区と広深科学技術革新回廊とマッチングする発展戦略を実施する重要な措置である」と東莞投資企業の代表者である、中国国際海運コンテナ(グループ)株式有限会社の総裁補佐である秦鋼が表して、東莞は世界で有名な製造名城であり、広深科学技術革新回廊の重要な支点であり、交通優位が著しくて、良好な経営環境を持っている。特に松山湖片区、松山湖国家級ハイテク区に頼り発展を動かして、現在すでに珠江デルタ、特に深センの再度のハイエンド産業シフトの核心キャリヤーになって、これも中集集団の戦略配置・東莞で発展するコアである。

調査によると、松山湖ハイテク区の南部に位置している中集智谷産業園は、中国製造2025模範園区に力を尽くしている。2年余りの発展を経て、園区はすでにみごとに120社近くの知能科学技術企業を導入して、国家級の科学技術インキュベーター、国家級大衆創業空間と広東省マイクロ企業革新創業模範基地を作り上げた。そして中集のイギリス海外革新センターと中独先進製造ソリューション革新センターを創立して、広深科学技術革新回廊の東莞段の革新プロジェクトデータベースに入選され、未来において産業を格上げして科学技術発展及び駆動する核心力になる。

「われわれは松山湖片区の未来の発展を期待している」と深セン天安駿業投資発展グループの理事副総裁である蒋正宇は思って、堅固な制造業の基礎と良好な科学研究の成果は能力を転化させ、松山湖片区が広深科創回廊の建設に参与する最大の優位である。

現在のところ、天安駿業グループと酷派グループは提携して、すでに松山湖で酷派天安クラウド産業園を投資して建設し、スマートフォンと知能製造産業をねらって、未来においてここで携帯電話などのインテリジェント端末を蛇口産業とする生態圏になる。天安駿業グループはまた拓斯達会社と協力して大嶺山で天安クラウド人工知能小鎮プロジェクトを開発して、未来において松山湖ハイテク区と聯合して、広東・香港・マカオ湾区の重要な革新中枢を創建する。

金融機関の代表者である、東莞松山湖基金小鎮発展有限会社の代表取締役である張敬智の紹介によると、20174月より今まで、ごく短い半年間で、松山湖基金小鎮はすでに各類資金300億元以上を導入して、国内基金小鎮領域で構築し始めた後に優位を出して、科学技術革新と実体経済発展と協力している効果を得た。続いて、松山湖基金小鎮が重点的に個人募夢作業場を創建して、基金プラットフォーム、オンライン基金小鎮などの3つのプラットフォームを買収合併する。松山湖「4+1」産業戦略計画によると、重点的に知能製造、生物医薬、新エネルギー、新素材、インターネットビッグデータなどの産業基金を導入して、または企業の発展する異なる段階によって、企業のために天使基金、VC基金、PE基金がと買収合併基金を提供して、松山湖片区で発展する企業のために金融の翼を与える。

 

松山湖片区で年間の資金導入は500億元を上回る

記者は聞かれて、昨日のプロモーションにおいて、現場では共に29プロジェクトを契約して、合計額は250億元を上回った。これで、2017年、松山湖片区は年間資金導入は500億元を上回った。

調査によると、現場で契約した29のプロジェクトは、石排科学技術小鎮、茶山滕信精密機械有限会社の増資プロジェクト、大嶺山信濠光電科技、石竜中科情報ポート、大朗以諾通信増資拡張プロジェクト、寮歩耀晋光電ハイテク産業園、松山湖歌華南基地などの園鎮プロジェクト18個、および華微マイクロソフト開発、華匯知能装備などのキャリヤープロジェクト11個が含まれた。プロジェクトは投資領域が広く、技術価値が高く、経済的効果と利益が十分な特徴がある。

現在、松山湖片区は広東・香港・マカオ大湾区と広深科学技術革新回廊などの2つの歴史上の発展チャンスに直面している。松山湖片区は今回集中的に登場して、国内外の賓客が片区の発展に対して期待を満させた。プロモーションの洽談区において、イベントが終わった後、たくさん投資意図のある賓客は松山湖片区の担当者と投資について更に面接して、松山湖片区に定住して発展する可能性を探求していた。

 

出所時間網


无标题文档