无标题文档
現在位置: ホーム > 投資動態
万江は「知能製造」支柱産業を創建する
フォントサイズ: 素晴らしいです小さな 発売日:2017-11-07 [このページを印刷]    [クローズ]

近日、現在のところの万江大通りの知能製造企業が900数社に達して、去年の万江の一定規模以上の知能装備制造業の増加額は7.24億元で、増加速度9%に達したことと記者が聞かれた。万江は「知能製造」を支柱産業として、知能制造業界協会の創立によって、企業が団結して発展することを実現する。

 

知能製造企業の規模が絶えず拡張している

今年、万江はハイテク企業の「目標を明確にして品質を向上させる」行動、「倍増計画」を推進する試験点企業が倍増を実現する、デジタル装備専業鎮ブランドの創立、科学技術インキュベーションの建設を強化する、科学技術金融産業との密接に融合、科学技術方面の人材素質の倍増計画などの6つの方面から革新駆動発展を推進する。

「知能製造」支柱産業の創立は、万江が革新駆動を推進する重要な取っ手である。万江は「広東省新技術開発専門鎮」に認定され、現在のところは知能製造企業が900数社あり、通用設備、専用装置、電気機械、器材製造、電子情報とメータ器具の六大業界を含む。

去年、万江の一定規模以上の知能装備制造業の増加額は7.24億元で、増加速度は9%であった。更にスピードをあげるため、万江知能制造業界協会が気運に乗じて生まれて、装備製造企業の団結して発展することを実現する。

現在のところ、万江のハイテク企業の数量は2015年の35社から2016年の93社、約3倍増加した。現在のところ、一部のハイテク企業の規模がより小さくて、産業を引率して発展する効果を発揮しにくくて、続いて万江は重点的にいくつかのハイ・テクノロジーの模範、スター企業を創立し、数量優位から品質優位に転化して、優位を発展する。

 

デジタル制御装備専門鎮ブランドを創立する

今年、万江は力を入れて万江デジタル制御装備専門鎮ブランドを創立し、知能制造業界企業を万江に導入し、特に業界の先導企業、技術の難関突破を展開して、知能製造の重要領域技術の難題を突破して、知能制造業をハイエンド、知能、グリーンへの発展を推進し、2017年技術改良投資項目の明細書を創立して、知能製造企業を引導して省市共同建設のファイナンスリース特定項目資金を利用して、技術改良の融資6000万元以上に極力努める。

万江は強力に産業規模と収益倍増発展の実現を促進して、試験点で全体の局面を動かす。同時に、万江は金泰知能製造産業園、尚甲都市工業産業園、龍湾梧桐小鎮、泰庫文化創意産業園、万江現代サービス業産業園、大合谷文化産業園、衆悦居-E+衆創生態園などの7つの科学技術インキュベーションと衆創空間を育成している。

科学技術金融産業との融合を推進するため、万江は工業地区が科学技術金融サービスワークステーションの創立を励まして、市、大通りの科学技術金融ワークステーションとの高効率のマッチングにより、覆う面積の更に広い科学技術金融サービス・プラットフォームを創立し、開業企業のために制度改革、再編、開業過程における一連の問題に対してサービスし、龍湾梧桐鎮の建設を加速して、前海株権取引(東莞)センターの役割を活かして、株権投資ファンド、ファイナンスリース、消費金融などの新型経済金融組織の発展を促進して、各方面の資本市場の構築と完備を推進する。

 

出所:南方日


无标题文档