无标题文档
現在位置: ホーム > 投資動態
松山湖の11プロジェクトが広深科創回廊の東莞段革新データベースに入選
フォントサイズ: 素晴らしいです小さな 発売日:2017-11-07 [このページを印刷]    [クローズ]

 

■中集智谷産業園はすでに80数社の知能科学技術企業を導入した

 

チャンスを捉えて、広深科創回廊の建設と深く融合する

広深科技革新回廊の東莞段の建設については、わが市が85革新プロジェクトを発表し、総投資は約2009億元になった。記者が整理して、これらの革新プロジェクトの中で、松山湖は11件を占めて、新型研究開発機関、科学技術インキュベーター、産業園区などのキャリヤーを含んで、これらの革新キャリヤーに頼り、松山湖は次第に広深科技革新回廊の建設に入り込むことを発見した。

ここ数年来、松山湖はハイテク企業の育成、革新キャリヤーの創造、外部人材の導入などに頼り、大量の革新資源を集めて、園区の革新主体の実力は絶えずに強大になって、革新創業人材の高地を形成して、広深科技革新回廊の建設に融合するため、頑丈な基礎を打ち立てた。これらの革新資源に頼り、松山湖はチャンスを捉えて、革新を探求して新たにアップグレードして、グローバル化科技園区、国家科学技術革新発祥地を創建する。

 

ハイテク企業が集まり広深科創回廊の建設に協力する

国家ハイニューテク産業開発区はまずハイテク企業集聚区であり、広深科技革新回廊の建設において、グローバル化科技園区、国家科学技術発祥地である松山湖にとって、ハイテク企業の発展と育成の重要性は言うまでもない。ここ数年来、松山湖はずっと強力にハイテク企業を育成して導入していて、180社のハイテク企業がある。

ハイテク企業である思谷智能は工業領域のRFID識別、マシンビジョンなどの知能感知製品の研究開発、生産、応用に取り込んで、去年、企業の営業収入は7000万元を上回った。わが市の「倍増計画」企業になった後、半年が過ごして、「現在のところの発展態勢によって、今年の営業収入は1.2億元に達することができると予想する。」と思谷智能の社長である王瑜輝が語っていた。

技術の革新は思谷智能が迅速に成長する根本である。王瑜輝はチームを率いて極めて悪い環境で多数依然として正常に運行できる感知製品を研究開発し、これは一挙に国外製品の国内市場にある独占を打ち破った。自主的に研究開発した智能感知製品に頼り、思谷智能はみごとに美的、華為、三一重工、東莞勁勝などの先導企業の供給体制に入り込んで、当該領域業界の先導者になった。

広深科技革新回廊の建設について、王瑜輝も非常に関心を持っている。広深科技革新回廊の計画は、松山湖のために新しい発展のチャンスを迎えたと彼は思った。今後、松山湖が広深科創回廊の建設に入り込むことにつれて、より多く思谷のような革新型企業が園区に集まり、園区の革新主体の実力も絶えず強大していく。

正業科技は専門に精密機械設備とハイエンド電子材料の研究開発、生産、販売と技術サービスに従事しているハイテク企業である。上場企業として、今年上半期、正業科技の営業収入は54374.32万元を実現して、昨年同時期に比べて134.24%増加した。

新技術の開発を除き、産業買収合併も正業科技の発展する鋭利な武器になった。ここ2年、正業科技はすでに続々と深センのいくつかの企業を買収合併して、これらの企業の力に頼り、正業科技が知能製造領域での技術実力が絶えず上がって、それに頼り自分の産業チェーンを延びた。

事実上、倍増企業とハイテク企業が松山湖の経済革新発展と集約発展を引けている。データによると、今年17月、松山湖の63社のハイテク企業が工業生産総額1279.6億元を実現して、松山湖の一定規模以上の工業企業の生産総額の80.2%を占めていて、工業増加額が114.5億元を実現して、一定規模以上の工業企業の増加額の66.9%を占めている。

園区はハイテク企業の革新能力と企業の規模を強大にさせることを共に重視していて、特にハイテク企業の育成とわが市の「倍増計画」と互いに結合して、ハイテク企業の発展を「倍増計画」の核心部分として推進し、52社のハイテク企業が倍増計画に参与して、今年17月の営業収入は267.3億元を実現して、税収が7.7億元を実現して、それぞれ全部の「倍増計画」に参与した企業の93.4%84.8%を占めている。

 

ポイントで点火して革新発展の新局面を形成する

広深科技革新回廊の建設を進めるため、わが市は85件の科学技術革新プロジェクトを発布して重点的に建設して、総投資は約2009億元であった。これらの革新プロジェクトの中で、松山湖は11件を占めた。未来、これらの科学技術革新プロジェクトの建設に従い、人材、産業、資本などのハイエンドなどのハイテク要素で革新を加速し、松山湖はポイントで点火して革新発展の新局面になる。

中集智谷は中集グループが60億元を投資して東莞で創建した産業革新模範基地と革新創業培育基地であり、3年近くの発展を経て、知能装備、ロボット、電子情報、モバイル・ネットワークのなどの産業が備えて、すでに革新生態システムを作り上げて、広深科技革新回廊の東莞段の革新プロジェクトのデータベースに入選された。

広深科技革新回廊の建設について、中集智谷の社長である陳平は、中集智谷がすでに国家級の科学技術インキュベーターと国家級の大衆革新空間に入賞され、園区は「産業で創業を動かし、サービスで革新を支持する」というサービス理念を堅持して、産業交流市場のマッチングプラットフォームの建設、革新創業成果の実現、人材技術交流のマッチングにおいて、産業資源の統合を促進して、積極的に科学技術産業の生態を作り上げて、より多くの革新要素を集めると語っていた。

現在のところ、中集智谷はすでに80数社の知能科学技術企業を導入して、その中で国家ハイテク企業16社、メインボード上場企業2社、発売予備企業1社、新三板企業4社、開業予定の新三板企業3社がある。プロジェクトの全体が作り上げた後、園区に入る企業が500社を上回って、年産価値は約200億元を実現して、ハイエンド人材が15000人を上回ると予想している。

成電インキュベーションは電研院が2010年に全額出資して設立した科学技術インキュベーターであり、電研院の科学技術成果の転化、産業インキュベーションの機能を担当している。今年10月、成電インキュベーションも広深科技革新回廊の東莞段の革新プロジェクトのデータベースに入選された。

長年の発展を経て、成電インキュベーションは特色を持っているインキュベーション体系を形成して、研究開発、成果転化から、産業化までの完全な産業チェーンを形成して、すでに累計で科学技術企業100数社を育成して、持株企業30数社、ハイテク企業20数社を育成して、年産価値千万級以上の企業4社、年産価値5000万元以上の企業3社を育成した。

 

人材が集まり、広深科創回廊の建設に助力する

広深科技革新回廊戦略の計画と実現は、その肝心な支えは人材政策と人材を重視する雰囲気である。ここ数年来、松山湖は積極的に人材導入を展開して、努力して創業優秀人材の集まる場所を創建し、絶えず人材政策を完備させ、松山湖の特色を持っている人材扶持政策体系を創立した。

絶えず人材サービスを強化することにより、松山湖はすでに東莞革新創業の優秀な人材が集まる場所になった。現在のところ、松山湖の人材総人数は7万人を突破して、その中で「千人計画」の専門家28人、全市の84.9%を占めていて、広東省革新創業将才3人、全市の100%を占めていて、市革新創業将才47人、全市の84.1%を占めていて、市特色人材109人、全市の58.9%を占めていて、広東省革新科学研究チーム17個、全市の65%を占めている。

現在のところ、松山湖では省市革新科学研究チーム10個が産業化を実現して、去年の販売収入が12.6億元を実現して、今年は16.3億元に達する予測である。

1012日に行われた東莞市広深科技革新回廊の建設を推進する動員大会とシリーズ重大科学技術革新建設プロジェクトの発表会において、いくつかの重大なプロジェクトが集中的に契約して、その中で粤港ロボット学院プロジェクトはその中にある。

粤港ロボット学院はロボット、知能装備および現代製造サービス業の専門人材を育成している。学院は多専門の融合、産学連携の育成、全行程プロジェクト教育と国際視野の革新創業教育などの手段によって、いくつかのきんでている技師、創業「スター」、業界エリート、産業将才を育成することに極力努める。

続いて、松山湖は広深科技革新回廊の建設を推進して、高レベル人材の導入を取っ手にして、省レベル人材の発展改革試験地域の建設を目標にして、人材発展改革の特殊政策、特別な構造、特色キャリヤー、特別サービス、特に優れている環境によって、より多くの国内外の高レベル人材を導入して園区で発展する。2020年まで、人材総量は倍増を実現して、14万人に達して、高レベル人材は人材総量の10%に達して、松山湖を人材高密度、革新創業の高活発な試験地域と全国の最も活力がある革新創業の優秀な人材が集まる場所の中になるように建設する。

 

出所莞日


无标题文档