无标题文档
現在位置: ホーム > 投資動態
易事特の特大レイアウトでグローバル化し、29億元で寧波宜則を買い付ける予定
フォントサイズ: 素晴らしいです小さな 発売日:2017-11-14 [このページを印刷]    [クローズ]

東莞上場企業である易事特は海外拡張を加速した。先日、易事特の公告によると、会社は現金で寧波江北宜則新エネルギー科学技術有限会社の100%株権を買い付ける予定で、取引価格は29億元である。

資料によると、寧波宜則の主要業務は太陽エネルギー製品の研究開発、生産、加工、販売で、主要製品は太陽エネルギーのモジュールと太陽エネルギー電池板であり、ベトナムで1.1GW電池板設計の生産能力と4.0GWモジュール設計の生産能力を持っていて、ベトナムないし全体東南アジア地区の規模のわりに大きな太陽光発電モジュールと電池の生産企業である。

易事特は、長年の発展を経て、寧波宜則は豊富な海外取引先資源を蓄積して、会社の海外業務の開拓に利益があって、グローバル化の配置の足どりを加速します。同時に、易事特は寧波宜則を通して太陽エネルギーの電池板とモジュールの生産の販売業務の領域に入って、更に資産の品質を高めて利潤能力を続けて向上させ、会社の規模を強大にして、危険状況に耐える能力を強める。

今まで、易事特は主にUPS電源、EPS緊急電源、通信電源、太陽光発電システム、新エネルギー自動車知能充電システム、知能マイクロ電力網システムなど製品の研究開発、製造と販売に従事している。今回の取引が完成した後、易事特は寧波宜則を通して太陽エネルギーの電池板とモジュールの生産の販売業務の領域に入る。

易事特からみると、今回の買い付けは利潤の能力の引き上げを持ってくる。公告によると、寧波宜則は太陽光発電電池、モジュールのOEMと販売業務に従事していて、ここ数年来急速に増加し、良好な利潤の能力があって、上場企業のために持続的で安定している利潤を持ってくる。同時に、それは広範な取引先群体と全世界の販売を持って、易事特のために業務を持ってきて、易事特の太陽光発電システムの業務の海外における販売規模を持ってくることができる。

同時に、これも易事特が会社の業務構造と産業分布を改善する試みである。易事特は、会社は更に太陽光発電業界の投資量を拡大し、主業務に太陽光発電電池、モジュールの製造業務を新たに増加し、会社の太陽光発電業務の基礎を強める。会社の産業分布も東南アジア地区まで延びて、取引先群体のグローバル化程度は更に引き上げると語っていた。

 

出所時間網


无标题文档