无标题文档
現在位置: ホーム > 投資動態
東莞は「2017中国最も競争力のある会議・展示都市」に入選された
フォントサイズ: 素晴らしいです小さな 発売日:2017-11-14 [このページを印刷]    [クローズ]

会議・展示の競争力について、中国のどの都市が強い?商務部の中国会議・展示経済研究会は先日(1110日)に「2017中国都市展示会産業競争力指数発表会」を開催して、中国都市2016年の展示会産業の競争力状況を発表した。東莞はみごとに「2017中国最も競争力のある会議・展示都市」に入選された。

今年10月に、東莞は先ほど中国会議・展示経済研究会の評定した2017年度の中国ベスト10の会議・展示都市」の称号に入選され、中国加工貿易製品博覧会(「加博会」と略称する)、広東21世紀海上シルクロード国際博覧会(「海博会と略称する」)などの展会は「2017年度中国ブランド展覧会金賞」を光栄に獲得した。

 

現在のところ中国会議・展示業界の最も権威のある科学的評価指数

2017中国都市展示会産業競争力指数発表会」の際に、上海、北京、広州、成都、深セン、杭州、南京、厦門、重慶、青島の十大(直轄市と副省級)都市、長沙、鄭州、蘇州、無錫、昆明、佛山、東莞、福州、中山、合肥の十大(省及び地級)都市が2017年中国の最も競争力のある会議・展示都市に入選された。

業務発展レベルの指標が一致していないで、まだ全面的な都市展示会産業競争力指標の評価体系を形成していないが、如実に都市の展示会産業の現状と発展する潜在能力を反映しにくい。この背景で、中国会議・展示経済研究会は連続2年目で《年度中国都市展示会産業競争力指数(CCCECI)報告》を作成した。この指数は現在のところの中国の会議・展示業界の最も権威性、科学性のある評価指数であり、都市展示会産業が競争力を高めることにたいしてより強い指導性と実用性が備えている。

中国会議・展示経済研究会の会長である袁再青が表示して、中国都市展示会産業の競争力指数は都市の全体環境競争力、都市展示会産業の専門競争力、会議・展示の教育競争力と都市会議・展示政府の競争力などの4つの方面から分析と比較を行う。今年「2016中国都市展示会産業競争力指数発表会」の研究成果に基づき、全国の百近くの都市展示会産業の関連データを分析し、都市商業競争力、都市国際展覧業界指数、都市会議・展示教育指数、都市会議・展示主管部門サービス指数などの10つの指標を選別して評価体系を構成した。

 

東莞では6日ごとに1つの一定規模以上の展会が開催される

ここ数年来、「漫博会」「加博会」「台博会」「海博会」「名家具展」などを代表とする一連の高規格の大型展会が東莞で代わる代わると行われて、東莞の多くの産業を動かして新しい活力が沸き上がった。東莞市ビジネス局の統計によると、東莞では毎年に一定規模以上の展会60場ぐらい開催され、6日ごとに1つの一定規模以上の展会が開催される。

市ビジネス局貿易促進科の概算統計によると、わが市では3000㎡以上の展覧会は共に65場開催され、同時期と比べて8%増加した。総面積が340万㎡(専門売場と専門市場を含む)を上回って、去年とほどんと同じであった。展示業者は1.3万社を上回って、同時期と比べて23.5%下がった。仕入商と観衆は270万延べ人数を上回って、同時期と比べて3.8%増加した。わが市のホテルと専門展示館で開催した100人以上(100人を含む)の会議が380回で、総人数が13万人を上回った。

展示館の規模は絶えず拡大している。現在のところ、わが市は広東現代国際展覧センター、東莞国際会議展示場、常平会議・展示センター、虎門会議・展示センター(2016年に新たに建てた)などの4つの専門展示館を持って、場所の総面積は約60万㎡、室内面積は約20万㎡で、室外面積(パーキングを含む)は約14万㎡である。2016年、わが市の専門展示館の全体規模は1.7万㎡拡大して、同時期と比べて9.4%増加した。

概算統計によると、市人民政府が主催した6つの重点展会、即ち「加博会」、「漫博会」、「科学技術協力週間」などの3つの国家級展会、「海博会」、「智博会」などの2つの省レベル展会と「台博会」は、2016年に総面積が54.8万㎡に達して、同時期と比べて15.8%増加して、発展の勢いが良好である。

 

会議・展示産業は多元化の発展が現れた

これらの展会の中で、工業類の展会は主導である。2016年にわが市の展示規模が3000㎡以上の工業類展会が26場で、展会の総数量の40%を占めて、同時期と比べて47%増加した。同時に、消費類別展会の量が減らして質が上がった。2016年にわが市の展示規模が3000㎡以上の消費類別展会は33場で、展会の総数量の50.8%を占めて、同時期と比べて5.7%下がった。しかしデータによると、2016年に大部分の消費類別の展会の展示規模は1万㎡以上であった。

注目するのは、統計データによると、東莞が新しく開催される展会が明らかに増加した。2016年にわが市では新しく14展会が開催され、総面積は約15万㎡であった。その中、みごとに93期中国労働者保護用品交易会、2016年中国国際(広東)省エネ環境保護展、2016華南(東莞)国際家具機械と材料展は東莞で開催され、総面積は7万余り平方メートルであった。

同時に、東莞の会議・展示産業も多元化の発展が現れた。概算統計によると、わが市のホテルと専門展示館で開催された100人以上(100人を含む)の会議が380回で、総人数が13万人を上回って、その中で2つの国家級会議があって、それぞれ中国松山湖ICトップフォーラム、中国工事科学技術フォーラム―分子診断技術と中国分子診断技術大会である。

 

出所莞日


无标题文档