无标题文档
現在位置: ホーム > 投資動態
漫博会の企業誘致の割合は126%完成し、多くの国内外のアニメ・漫画の先頭企業が展示に参加
フォントサイズ: 素晴らしいです小さな 発売日:2017-11-07 [このページを印刷]    [クローズ]

111日、第9期中国国際映画とテレビアニメ・漫画著作権保護と貿易博覧会(漫博会)の展前記者会見は東莞で行われた。中央、省、市と国外の約30社のメディアは発表会に参加した。漫博会執行委員会の情報によると、1031日まで、各コーナーの企業誘致は126%完了し、展示に参加する企業は共に227社、中央テレビ局のアニメーション、上海美影工場、香港肥皂遊、宏達通訊などの国内外の有名な企業が展示に参加するという。

 

アニメ漫画の企業が国際に向かってプラットフォームを建てる

漫博会は国内初の映画とテレビのアニメ・漫画著作権保護と著作権取引をテーマにする国家級展示会として、2009年に初めて東莞市で開催され東莞市に定住した以来、すでにみごとに8期行われて、現在すでに国際性、専門性と権威性の映画とテレビアニメ・漫画著作権保護と取引展示会になった。

漫博会執行委員会の情報によると、第18期の漫博会において累計で展示に参加する企業は3435社、展示に参加する面積は90万㎡を上回って、参与人数は424万延べ人数上回った。その中、第八届漫博会は2016年に503社の国内外の企業に展示に参加して、専門イベントは80多くの項目で、専門観衆は8200数人で、入場して見学して直接参与した観衆は30万延べ人数上回って、現場で意図総額34.6億元の取引が成立した。

漫博会執行委員会の紹介によると、今期の漫博会は「国際化、専攻化、市場化、ブランド化」の構想をもって、著作権保護と著作権貿易を核心にして、著作権貿易市場とのマッチングの支えにして、映画とテレビアニメ・漫画の内容を重点にして、新興産業の発展と4K技術の応用を特色にして、より専門性、より国際化と更に中国特色に富む映画とテレビのアニメ・漫画著作権産業模範展会を実現する。

広州易動文化伝播有限会社は原創アニメ・漫画製作会社であり、34年前に初めて漫博会に参加し、この企業とソニーなどの国際業界の巨頭とマッチングして、そして多い国際業界の資源とマッチングし始めた。これらの国際資源に頼り、易動文化が制作した大型3Dオリジナルアニメーションである『美食大冒険』は現在のところすでに全世界の多数の国家と地区に入って重点的に放送していて、多くの国内外のアニメ・漫画の愛好者の愛顧を獲得した。この世に知られないアニメ・漫画企業から、今のところまで年間収入3億元の業界国際化のエクスプローラーになって、この企業の責任者は、漫博会が企業に機会と発展プラットフォームをもたらしたと語っていた。

 

専門イベントは全面的にアップグレードして産業とのマッチングを強化する

9期漫博会は共に5つのコーナーを設けて、展示面積は6000㎡である。1031日まで、各コーナーの企業誘致の完了比例は126%で、場所の具体的な展示面積と展示場所の計画はすてに立てられた。展示に参加する企業は共に227社、内陸と香港・マカオ・台湾の有名なアニメ・漫画の企業例えば中央テレビ局アニメーション、上海美影工場、浙江丹安、奥飛アニメ・漫画、華強方特、オリジナル動力、咏声アニメ・漫画、広州蘭弧、環球デジタル、北京夢之城、香港肥皂遊、嗶嘩星球娯楽有限会社、司徒平仕事部屋、千立酷有限会社など、および宏達通訊、優美締、弈恩現実などの世界で有名な企業を含む。

それ以外に、第9期漫博会の組織者は電話、メールおよび招待状などの方法によって全国の関連企業に連絡して展示参加して打ち合わせて、同時にいくつかの専門機関、政府職能部門と協力して、すでにそれぞれ北京、上海、江蘇、新疆、湖南、山東などに向かってプロモーションを行い、そして同時にマッチング、飲食、イベントガイドなどの関連サービスを用意した。現在のところは展示に参加する省外参展代表団は次の通りである。江蘇アニメーション(18社の重点アニメ・漫画の企業が共同に展覧会に参加する)、アニメ・漫画湘軍(17社の重点アニメ・漫画の企業が共同に展覧会に参加する)、山東アニメーション(32社の重点アニメ・漫画の企業が共同に展覧会に参加する)。現在のところ、各コーナーの展示方案、現場計画および原稿設計は既に確定され、そして工事の設計段階に入って、114日に入場して、117日に全部完了する。

専門イベントの全面的にアップグレードは今年の核心部分である。第9期漫博会設置の映画とテレビのアニメ・漫画の専門イベント、著作権保護と貿易の専門イベント、バーチャル・リアリティー産業の専門イベント、アニメ・漫画の設計テーマイベント、公衆芸術の特別テーマイベントなどの5つの専門分類のプレートがあり、5つの専門のブランド展、10項の専門テーマフォーラム、16場のマッチング会、10回の公衆芸術特別テーマ展覧、1項の扶持計画はハイレベル、アイデアが新しくて、インタラクティブが強く、規模の大きな専門イベントを分かち合う。各専門のイベントは国内外の有名な講演賓客約500数人を招待して、専門観衆は約5000数人である。

それ以外に、第9期漫博会は引き続き著作権サービスワークステーションを設けて、主なサービス内容は次の通りである。展示に参加する作品のために無料で著作権登録サービスを提供し、展示に参加する作品が合法的な著作権の出所があると確認する。現場巡査を展開して、直ちに著作権侵犯行為を調査し、展会時の著作権の権利侵害を受理して処理し、著作権の紛糾仲裁を行い、著作権の相談サービスを提供し、著作権の法律普及の宣伝活動を行い、各相関部門を調和して共に展示に参加する企業のために無料で知的所有権の総合サービスを提供する。

よりよくアニメ・漫画の展示と雰囲気を作り上げ、アニメ・漫画の愛好者のために各方面のアニメ・漫画芸術を提供して体験させるため、第9期漫博会は「『老夫子精彩55』味わい展示会」「『鉄画銀鈎詹衣描』―詹忠効白描絵画精選展」「中国国際映画とテレビアニメ・漫画著作権保護と貿易博覧会‘動感金羊’優秀作品展」「広東2017年度社会主義核心価値観アニメーション短編映画優秀作品展」「2017広州香港台湾同人漫画作品共同展覧会」「‘聚滙堂’アニメ・漫画パフォーマンス展」「‘童心同繪粤創越美’広東青少年アニメ・漫画アイデアの優秀作品展」「100米現場作品肖像長巻展」「映画とテレビアニメ・漫画科学技術と技術体験展」「アニメ・漫画ゲーム彫像作品展」などの10場の公衆芸術特別テーマのイベントを開催して、共に約2000㎡の展示面積がある。

 

出所:南方日


无标题文档