无标题文档
現在位置: ホーム > 投資動態
今年の前3四半期に米国は香港を超え東莞最大の貿易パートナーになった
フォントサイズ: 素晴らしいです小さな 発売日:2017-11-14 [このページを印刷]    [クローズ]

アメリカ大統領であるトランプ氏は先日に彼の訪中の旅を終えた。この間に両国の企業は奇跡を創造して、経済貿易協力金額は2535億ドルに達した。専門家が取材を受けたときに、これは中米経済貿易協力の記録を創造して、世界の経済貿易協力史上の記録も更新され、更に中米との経済と貿易が未来においてより高い段階の新型協力モデルがあることを表明していると語っていた。

いままで40年間の工業化過程において、東莞の経済規模は急速に増加してきた。東莞と米国ははるかな海のかなたにあるが、経済と貿易が頻繁で、産業関係が緊密で、米国は東莞の第2大貿易市場である。長年来、香港地区が東莞最大の貿易市場の地位があったが、最新の今年の前3四半期のデータによると、東莞と米国の取引提携総量は香港を上回ったという。

 

新記録を樹立した「ビッグオーダー」だけではない

2016年に中米の二国間貿易額は5243億ドルで、しかし今回トランプ氏が訪中期間において中米間の成立した経済貿易協力が2535億ドルに達し、これは全世界の経済と貿易史上の新記録を樹立した奇跡であった。記者が気が付いたのは、中米両国の企業が共に15項の合意、覚書、仕入合意書を締結して、エネルギー、航空、農業、自動車などの多数の領域に関連している。

これらのプロジェクトは東莞と関係がある。ロイター通信の9日の報道によると、米国クアルコムは当日に東莞最大の携帯電話メーカーであるOPPOvivoなどと120億ドルの合意書を締結して、未来3年において、当該3社の中国スマートフォンメーカーに対してその製品を輸出する。

商務部国際貿易経済協力研究院の国際市場調査部副主任である白明が本紙記者の取材を受けたときに、このような規模のビッグオーダーは人を震撼させ、世界の上位2位の経済体からそこ、このような歴史的重要性の協力が成立できると語っていた。国際貿易相手の角度から見ると、中米両国「家柄がつり合う」と言える。白明は、2535億ドルの経済貿易協力の意味は新記録を樹立した「ビッグオーダー」だけではなく、更に中米経済と貿易が未来においてより高い段階の新型協力モデルがあると表明している。

 

前第3四半期に米国は香港を超え東莞最大の貿易パートナーになった

記者は市ビジネス局から聞かれて、経済貿易協力で、2016年、東莞と米国の貿易総額は245.7億ドルに達して、双方の産業協力と経済貿易の交流のために良好な基礎を築いた。現在のところの既存のウォルマート、デュポンなどの269社の米国企業は東莞で投資して発展している。半導体器具部品、自転車、電子部品とモジュールなどの制造業界に集中している。東莞は37社の企業が米国で投資して発展している。その中、広東唯美グループはウィルソン郡で投資して生産基地を建設していて、中国の初めての欧米陶磁器工場である。

長年来、香港地区は東莞最大の貿易市場の地位に位置していたが、最新の今年前3四半期のデータによると、東莞と米国の取引提携総量は香港を上回った。データによると、今年第3四半期、米国、香港地区、EU、アセアン、韓国、日本と台湾地区は東莞市の上位7位の貿易相手に引き続き位置して、東莞は上述の7地区に対して合計で6821.9億元の輸出入がある。輸出市場からみると、米国、香港地区とEUが上位3位で、それぞれ1146.4億元、1112.7億元と853.9億元輸出して、それぞれ8%5.4%14.1%増加した。

これだけではなく、東莞と米国の協力もより高い段階へ発展している。2013年に、わが市はシリコンバレーで海外人材ワークステーションを創立した。今のところ、朗呈科技、PI光子工業会社、清能太陽光発電などの大量のシリコンバレープロジェクトが次から次へと東莞に定住した。今年の「松湖カップ」創業大会もシリコンバレーで競技場分部を設立した。よりいっそう米国との産業と経済貿易などの領域とのマッチングを強化するため、東莞は米国サンフランシスコで経済と貿易事務所を設立した。

これらの現象は、東莞の産業シフトパスは、向こうの米国―台湾―香港から東莞まで、今は米国―深セン―東莞で、未来更に米国―東莞になる機会があって、東莞と米国との移転技術、産業の距離を短縮したと明示している。

 

出所時報


无标题文档