无标题文档
現在位置: ホーム > 投資動態
漫博会が閉幕 3日に専門観衆6000数延べ人数を招待し、提携意向100余り項が達成
フォントサイズ: 素晴らしいです小さな 発売日:2017-11-14 [このページを印刷]    [クローズ]

1111日、第9期中国国際映画とテレビアニメ・漫画著作権保護と貿易博覧会(以下は「漫博会」と略称する)は松山湖学術交流センターで閉幕し、3日間の展会期において、227社の国内外の展示に参加するメーカーは写真付き文章、映像および派生品などの多種形式によって映画とテレビアニメ・漫画業界の最新成果のを展示した同時に、VR/AR革新応用と4Kハイビジョン技術などの新興技術も集中的に展示して、「アニメ・漫画+」を基礎にする多くの専門テーマのイベントが行われて、効果的に異なる産業間の融合と発展を推進した。

 

革新設計研究所を創建する

専攻化程度が全面的にアップグレードするのは第9期漫博会の際立っている特徴である。漫博会執行委員会の紹介によると、今期の展会は相前後して映画とテレビアニメ漫画、著作権保護と貿易、バーチャルリアリティー産業、アニメ漫画の革新設計、公衆芸術などの5つの専門テーマのイベントを開催し、相前後して5つの専門ブランド展、10項の専門テーマのフォーラム、16場のマッチング会、10回の公衆芸術特別テーマ展覧、1項の扶持計画などをのレベルが高く、アイデアが新しく、インタラクティブが強く、規模の大きな専門イベントが行われた。これらのアニメ漫画と著作権産業に密接にしている専門展とイベントの際立っている実際効果は、参加に参加する各側が多くの利益を得られた。

東莞本土文化企業である広東智高の所属する全く新しいアニメーションである《魔法のココア》は漫博会で展示され、そして「動感金羊」優秀作品扶持計画でテレビアニメーション分類の優秀作品を入賞され、会社所属の「KK」ブランドも「最優秀アニメ漫画ブランド」の称号を獲得した。

漫博会の初日、智高は2社の企業と現場で提携協議書を締結した。「たくさんの企業がわが社と意向的なマッチングを行い、その後、深くマッチングする」と智高の副社長である周尭臣が語っていた。

省外展示業者も漫博会を認可してきた。たとえば、江蘇のアニメ漫画企業はすでに組団して多期の漫博会に参加して、今年に江蘇絵画展団は16社のアニメ漫画会社、54個のアニメ漫画ブランド、14個のアニメ漫画プロジェクトをもってマッチング会に参加した。

南通天泰アニメーション設計有限会社の社長補佐である江淼磊は、「展会はとても専門で、企業はそれぞれ収穫があった。たとえばわれわれが製作したアニメーション映画である《江海童のデカカメの奇縁》は、展会で多くの投融資機関とマッチングしたことがある」と語っていた。

全国の優良品質のオリジナル設計資源と東莞現地の供応チェーンとの連結を推進するため、漫博会期間において、清華美院設計戦略と原型革新研究所、広東省アニメ漫画業界連盟、広東原倉知的所有権デジタル記録センタは三方合意書を締結して、共に力を出して東莞で革新設計研究所を創建し、これは今回の漫博会の産業マッチングの実現した成果の一つである。

 

ブランド授権提携マッチングの成果は多い

《神奶爸》《ジュラ紀公園》《スピードと激情》《好奇猿のジョージ》《魔発精霊》……1110日午後、松山湖学術交流センターの3階にある02リポートホールで、環球映画事業のブランド授権マッチング会はここで行われて、服装などの11業界の170数人の企業家が来て、リポートホールの人がいっぱい居た。

環球映画事業とドリームワークスは初めて漫博会に参加して、たくさんの最新IPキャラクターと派生品アイデア概念製品を持ってきた。環球映画事業大中華区消費品業務の副総裁である王以倫は、漫博会というプラットフォームに頼り、彼らは多数業界のブランドの授権提携マッチングを実現したと語っていた。

9期漫博会は著作権の経済発展を推進することを重要な内容にした。著作権の産業マッチングを行うため、展会では多場のブランド授権と投融資マッチング会を開催し、国内外の有名な投融資機関、派生品生産メーカ、宣伝放送プラットフォーム、インターネット企業などを招待して、数千のアニメ・漫画IPから、100近くのブランド昇格と市場潜在力のあるIPを精選して、ロードショー、評論、引合、問い合わせ、マッチング区の開設、11の交渉などの方法によって、アニメ・漫画IP著作権側と派生品企業のために全方位の専攻化サービスを提供して、アニメ・漫画の取引サービス・プラットフォームを建て、投融資とマッチングのチャンスを提供した。

漫博会執行委員会の情報によると、映画とテレビアニメ・漫画産業成果展、VR/AR産業応用(国際)展、ブランド授権展などの3つの展示区で、3日間に専門観衆6000数延べ人数を招待し、提携意向100項が達成し、広東智高文化と深セン博林グループ、広東世紀華文と4399、湖南笨狼文化と深セン点猫科技、詠声アニメ・漫画と花都美琪アイスクリーム、艾力達アニメ・漫画と七海秀日電子科技、広東客豪と環球映画事業、広東楽的と巻巻、広東楽的と奥飛Q寵、東莞美琳と巻巻、深セン慧康華皓と智高KK、深セン同盟世奇とスーパー飛侠Q版、玹一科技と環球小黄人などは一応の提携意向が達成し、漫博会が産業マッチングを強化する初志を実現した。

国務院発展研究センター東方文化と都市発展研究所の副所長である黄斌は、漫博会では著作権の保護について全力を尽くし、続いて著作権に取り込んで、著作権の仕事を推進して更に革新・発展させると語っていた。

 

在来産業と新興技術との融合を促進する

9期漫博会において、VR/AR(バーチャル・リアリティー/現実強化)は展会の「新たな人気もの」になって、大衆からファンをたくさん得ただけではなく、数多くの専門観衆からも絶大な支持を得た。

今期の漫博会はVR産業応用(国際)特展を設立し、VR/AR技術の展覧とイベントに対して更に産業マッチングの特色を強調し、現場では数回の産業マッチングイベントを開催して、VR+の映画とテレビアニメ・漫画、VR+育成訓練、VR+知能製造を強調し、東莞ないし広東とアニメ・漫画産業と伝統業界のために新しい活力を注ぎ込んだ。

4K技術が映画とテレビのアニメ・漫画領域における応用を加速して推進するため、第9期漫博会は初めては専門的に「20174Kハイビジョン映画とテレビアニメ・漫画産業展」を設立して、無料体験区を設けて、最新の4K技術応用成果を展示して、数多くの専門観衆が交流とマッチングを行った。

推定によると、2017年末まで、広東全省の4kハイビジョン映画とテレビ内容の生産総量は5000時間を突破して、後期製作コストの原因で、全省の4k映画とテレビアニメ・漫画はまだ初歩段階にある。

中国工学院の院士、ハイビジョンテレビHDR3DAudio標準工作組の組長である丁文華は、2020年まで、中国は間もなく標準テレビサービスを閉めて、80%HDTVサービスと20%UHDTVサービスを提供すると語っていた。広東などの地区はUHDTVの発展歴史上のチャンスを捉えて、UHDTV技術を利用して文化強国戦略の重要な支えを実現する。

米国ロゲス大学美術部主任である譚力勤は、漫博会が著作権産業を重んじて、革新を引率して、数多くの高品質専門テーマイベントをもって全世界業界の先頭企業が集まり、智慧プラットフォームを建てて、在来産業とVR/AR4kなどの新興技術と密接にして発展することを推進していると語っていた。

 

プロの助言

中国工業設計の父、清華美院の教授である柳冠中:「子供への加護のように」革新設計能力を育成する。

「設計と革新はシステムから始めなければならなく、基礎性、深い段階のものを研究して、表面の外観造型に滞在するのではなく、これこそ核心競争力があり、簡単に剽窃され、まねされることはない。」

中国工業設計の父、清華美院の博士指導教授である柳冠中は何期もの東莞カップ工業デザインコンテスト、厚街名家具展審査委員会の委員を担当したことがあり、彼は東莞製造企業と地方政府に向かって、急がば回れ、システムを作って、構造を革新して、プラットフォームを建てることから、「子供への加護のように」革新設計能力を育成することを語っていた。

北京大学の美学博士、国際芸術授権基金主席である郭羿承:芸術授権に頼り、文化生産力の発展を動かす。

「東莞では掘り起こすことができる多くの元素があって、文化革新で生産力の発展を動かす」と北京大学の美学博士、国際芸術授権基金主席である郭羿承は東莞企業に向かって、芸術授権に頼り、製品の付加価値とブランドイメージを高めることを語っていた。東莞は強大な製造能力を持っていて、より良い歴史地域、文化名人、博物館、観光スポットといくつかの非物質文化遺産を持っていて、これらに頼り更に内包を豊富にして、それらをIP化させ、イメージデザイン、元素抽出、授権から、最終的に制造業との融合を実現する。

 

出所:南方日


无标题文档