无标题文档
現在位置: ホーム > 投資動態
東莞企業が積極的に海外で工場を設立して進出し、海外市場を開拓
フォントサイズ: 素晴らしいです小さな 発売日:2017-10-27 [このページを印刷]    [クローズ]

910日、華堅集団張華栄董事長とルワンダ投資発展理事会CEOクレア氏がキガリ会議センターで業務提携覚書を締結した。華堅集団が約10億米ドルを投資してルワンダで工場を設立する予定である。 

それにエチオピアで数年間運営している華堅エチオピア工場に加えて、ルワンダは華堅集団がアフリカに進出している二つ目の国になる。

華堅集団は東企業が海外で工場を設立して市場を開拓する縮図であり唯美集团、長宏木業など数多くの企業が海外で工場を設立する方法により、積極的に進出し、海外市場を開拓し、よい効果を収めた。 

進出した企業はリスクに対応する能力がもっと強くなる 

関連情報によると、華堅集団がルワンダで工場を設立した後、これから10年間で現地の若者に2万の仕事を与えるそうである。ルワンダ工場を建設するため、華堅集団は先に募集した200名の現地優秀な学生を中国に派遣して教育を行い、スキル能力を強化する。
20121月に正式に始業した華堅国際靴城(エチオピア)有限公司は、着工から始業までただ3カ月、エチオピアの「華堅スピード」を実現し、エチオピア最大の輸出企業となった。 

近頃、6000名余りのエチオピア青年男女たちは、中国で歌った「団結は力だ」というVTRはネットワークで放送され、たいへん人気を得た。このVTRは華堅国際靴城(エチオピア)有限公司で撮ったのである。歌を歌った者はこの工場の現地従業員たちである。

関連情報によると、華堅国際靴城(エチオピア)有限公司が9本の現代化製靴生産ラインと付属の靴材料工場を建てた。主にGUESSなど世界有名なブランドを生産し、年間輸出女性用靴300万足の生産能力を有し、また現地6000名の就職を実現し、中国従業員はただ160名余りである。2016年末まで、輸出は8000万米ドル以上、為替決済は4000万米ドル以上に達した。

ロシアにおける関雷氏の会社は、海外へ進出している会社の代表として、この間、CCTV「遠い家」番組制作チームからのインタビューを受けた。関雷氏は東長宏木業会社の社長であり、ロシアで北欧林業を設立した。ロシアのシラカバを伐採し、加工後国内へ輸送して販売するそうである。 

関雷氏が記者に以下の通り伝えた。ロシアのノブゴロドで設けた北欧林業のほか、長宏木業は、またトムスクでも木材加工工場を設立した。年間木材加工能力は10万立方メートル以上に達した。現在、当該工場は単純な加工センターから総合的なサービスセンターへ変わっており、国内、特に珠江デルタ地域におけるお客様に調達、加工、物流など総合的なサービスを提供している。ロシアの木材の品質がよく、価格も安く、海外で工場を設立すれば、コストダウンを実現する。コストダウンできれば、リスクにたえる能力も大いに増えた。 

もう一つの有利な要因は、満露貨物運輸列車の開通により、ロシア工場で加工した木材をトムスク駅からベガルまで軌道に変わって武漢へ輸送し、また運輸船で揚子江を通して広州黄港へ輸送し、運輸時間は30日前後かかる。運輸時間は半分短縮するようになった。また、各コンテナーの運賃と関税はいままでより1万元減らした。このように推算すれば、トムスク南方木材会社ピーク期間中、毎月東200個コンテナーを輸送し、満露貨物列車を通して運輸すれば、運賃において1か月200万元を節約することができる。

関雷氏が記者に以下の通り伝えた。北欧林業で加工した木材を全部で国内へ輸送して販売し、国内森林資源に対する商業的な伐採制限において有効的に不足を解消した。ロシアの法律に基づき、ロシアで工場を設立する場合には、購入した原木30%を国内へ送って加工することができる。このため、関雷氏が東の木材業者と一緒に国内で奥森徳木業会社を設立した。北欧林業で購入した原木の30%を国内の奥森徳木業で加工する。木材原材料不足を解消する同時に、における家具企業が合理的な価格で木材を取得することができる。

今海外へ進出するタイミングだ

華堅集団と北欧林業はここ数年間東企業が海外へ進出する縮図であり、ますます多くなっている企業が海外へ進出して市場を開拓している。今年4月、美集団は2年間かかって1.5億米ドルを投資して建設したアメリカテネシー州の生産基地が始業した。当該工場はイタリア全自動化設備を導入し、作業者は数百人に達している。美集団黄建平董事長、総裁がこのように述べた。アメリカ生産基地の始業は、美集団がもっと広い国際的な視野とグローバル統括能力をもって、製品イノベーションとプロセスイノベーションに力を入れ、世界レベルの技術をもって高品質のセラミック製品を生産し、中米セラミック業界将来の発展のために力を貢献する。

関連情報によると、現在美集団がテネシー州で200ムーの現代化工業団地を建てた。将来の目標は、800ムーに達する団地を作ることである。

また、東が「一帯一路」とマッチングし、開放発展を促す各措置の遂行に伴い、企業が海外へ進出するのはますます便利になる。 

関連情報によると、2016年まで、全市では416社企業が海外へ進出しており、投資総額は約14.5億米ドルに達し、そのうち、中国側投資額は13.3億米ドルに達し、企業が海外で28の駐在機構を設立した。関雷氏は、現在海外の経済的な成り行きが低迷という状況のもとで、世界各国が新しい投資を探している。まさに企業が海外へ進出するタイミングであり、企業のコストダウンをよく実現することができるそうである。
これに対し、中山大学林江教授がこうのように述べた。製造業の有名な都市として、が外向型経済をメインとし、目下欧米市場の不況で、外資系企業が中国でチャンスを見つけ、企業も海外のブランドを通して二次技術研究開発を行い、または製品を世界へよく販売する要望もある。これにより、自社の実力を強化し、両者の結合はウィンウィンである。

出所:南方日報


无标题文档