无标题文档
現在位置: ホーム > 投資動態
三大港区が正式に除幕され 広州港との連携を強化し 東莞港が世界的レベル要枢港をめざしている
フォントサイズ: 素晴らしいです小さな 発売日:2017-10-27 [このページを印刷]    [クローズ]

濱海湾新区、東港が除幕された後、東港沙田港区、麻涌港区、内河港区も近頃正式に除幕された。市政府の党組メンバー、東港(濱海湾新区)党労働組合副書記、管理委員会黄少峰主任が除幕式に参加された。   

 黄少峰主任が以下の通り述べた。東港の構築を速めるのは、東港が積極的に粤港澳大湾区と広深科学技術イノベーション回廊に参入することを促し、開放型経済の新体制に適するメカニズムを絶えず構築する重要な措置である。東港が積極的に粤港澳大湾区の戦略的なチャンスを掴み、広州港との連携を主動的に強化し、世界レベル要枢港をめざしている。  

 1012日、市濱海湾新区、東港除幕及び濱海湾新区埋め立てプロジェクト着工式典が行われた。東の改革発展において道標という意味深い出来事を迎えてきた。翌日、東港三大港区も除幕を迎えてきた。

 20163月、虎門港は港に改名され、「港と都市を同じな名前にする」を実現した。2016年、港は貨物取扱能力1.46憶トン、コンテナー取扱能力は364万標準箱に達し、コンテナー取扱能力は中国全土第11位、全世界第40位にランクされている。  

 今回除幕された三大港区の中で、東港沙田港区は、東港湾集積発展の先頭区であり、また東がローカル重要な港湾と総合的な要枢を構築する重要ななキャリアであり、さらに東が対外開放を実施して国際的経済的な提携競争の重要な戦略資源である。東港がここ数年間の高速発展の中で、沙田港区は中流の砥柱として、港区構築、産業発展、港湾と都市共同構築などにおいて模範とリード役割を果たしている。

 東麻涌港区は、東で最大のバラ品多機能港湾であり、珠江デルタ食糧、石炭や建築材料などバラ品の運輸を担っている。ここ数年間、麻涌港区の開発建設は、臨港産業集積が形成され、周辺鎮町の建設グレードアップを牽引し、水郷地域の経済構造優越化を速め、全体的な地域の経済発展レベルをよく促進した。    

 内河港区の歴史が長く、石竜、城、中堂という三つの作業エリアを含み、東水道、厚街水道、中堂水道など重要な水道とつながり、東都市鎮の生産生活が必要とする物資、コンテナーなど運輸に対して大切な役割を果たしている。石竜鎮委員会劉林宏書記が以下の通り述べた。省内で極めて少ない水鉄連合運輸機能を有する内河港湾の一つとして、東石竜港が発達している道路、水路、鉄道交通ネットワークを有し、内河港区除幕式は東石竜港と濱海湾新区とさらに一段と緊密な関係を保持させた。

出所:南方網


无标题文档